しょうもないうちから顎がしゃくれていましたが、可愛い可愛らしいと育てられてきました。

ちっちゃな頃から、顎がしゃくれていて、小学生ではみんなに馬鹿にされていました。自分の中ではとてつもなく気にしていたのに、親は「そこがかわゆい望ましい」と言ってくれていました。ですので、お話もできずに学生時代を過ごしてきました。
自立するようになり、30代になり、積み重ねがたまりました。ずっと引け目だった顎のしゃくれをようやく修正することにしました。
大学病院に行ったところ、「直しつつ、顎をげずったほうが手っ取り早い」と言われ、手術を受けることを判断しました。
2週の入院でした。手術はいっきでしたが、そのあとの外見の浮腫はひどかったです。もちろん、めしもぜんぜん取ることができず、入院間はずっと流動食でした。
但し、いざ退院してみると、顎はすっかりけずれて、しゃくれが治っていました。もちろん、手術して有益だと思いました。
今も、修正を続けていますが、顎をけずったことによって、歯が整ってきています。手術を決意して本当に良かったです。出会系アプリで保育士と会った人は?